So-net無料ブログ作成

郵便不正 「調書は検事の作文」厚労省元係長公判で前任係長らが証言(産経新聞)

 障害者団体向け割引郵便制度をめぐり偽の証明書を発行したとして、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元係長、上村勉被告(40)の第2回公判が16日、大阪地裁(横田信之裁判長)で開かれた。前任係長(48)や障害者団体「凛(りん)の会」発起人、河野克史被告(69)=1審有罪、控訴=の証人尋問が行われた。

 前任係長は、元局長の村木厚子被告(54)=公判中=から「大変な案件だけどよろしくお願いします」と証明書発行を指示されたとする供述調書を「検事の作文」と否定。「修正を求めたが応じてくれず『流れではこうなんだ』といわれ仕方なくサインした」と証言した。

 また、1審で起訴内容を認めていた河野被告は控訴した理由について、「公判が進むにつれ、検事から聞かされていた話と違う事実が明らかになったため」と説明した。

【関連記事】
厚労省元係長「営利目的偽造と知らず」 元局長と共謀も否定 郵便不正公判
「私が単独で偽造」落ち着いて証言 厚労省元係長 郵便不正公判
郵便不正・村木公判 最後のヤマ場、調書の採否を決定へ
郵便不正公判 団体発起人に懲役1年6月求刑
「話した記憶ない」 村木被告、偽造指示を否定 郵便不正公判
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

自衛官あきれたバイト、わいせつDVD売り30万(読売新聞)
日本のウイスキー、世界を席巻 「響21年」「竹鶴21年」最高賞W受賞(産経新聞)
亀井氏「連立離脱の覚悟」…郵政と会期延長で(読売新聞)
<五所川原市長選>平山氏が再選 青森(毎日新聞)
菅首相は山口出身宰相? 地元や中学はイエス、県や高校はノー(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。